HOME

長い夏も終わり、少しずつ秋が感じられるようになりました。真夏の間、さすがにグロッキー気味だった動物たちに活気が戻りつつあります。

赤道に近くに生息し、暑さに強いはずのリクガメたちも、7,8月はどうしたことか、植木の根元に潜り込んで、昼間は“ゾウガメ広場のオブジェ”と、化すことがほとんどだったのですが、最近は広場を走り回っています(と、言っても亀の“走る”は人間の歩く速度より遅いけれど…)

そして、なんといってもイキイキ復活したのが「オオカンガルー軍団」。この春5頭で出発したカンガルー広場は3頭の赤ちゃんがお母さんの袋を抜け出し、カンガルー広場はその名の通り、“カンガルーだらけ”です。

このカンガルーたちがまるで犬みたいに人にベタベタです! 

空気もさわやか、動物たちもイキイキ、一年を通して一番いい時期をふれあい村も迎えようとしています。どうぞ、ご来園いただき、動物たちと憩いのひと時をお過ごしください。

「夏休みはコレダッ!! 世界のクワガタ・カブトムシ展」

リクガメ

カンガルー